リフォーム工事と近隣の方へのご挨拶はワンセットです

リフォーム工事は周辺に配慮を!あとで面倒毎にならないために

ご迷惑を掛けそうな近隣へ

どのような場所に住んでいるかによります。 マンションでも不動産も介入する管理組合のあるような大きなマンションから、住人だけで運営している管理組合。 戸建ての場合は戸建てが密集した場所もあります。 大掛かりなリフォームは、騒音や車道などで迷惑を掛けそうなお宅にご挨拶に行きましょう。

近隣の方に安心してもらうために

ご挨拶や報告は、施工開始の1週間前に伺います。 その際にはどの程度の騒音が出るのか工事車の出入りはどれくらいあるのか、などを伝えらえると安心しますね。 特に通学路になっている道などの場合は、業者の車が止まって見通しが悪くなることもあります。 近所の方々が工事中も安心して暮らせるという情報を伝えましょう。

相手の迷惑にならない時間帯を狙ってご挨拶

リフォーム工事は一軒家にしてもマンションにしても、周辺にはちょっとした騒音です。
騒音や、道路に置かれる業者の車、道路や廊下に積まれるリフォームに必要な資材、色々と周辺の方にご迷惑をかけてしまいます。

何のお知らせもなくいきなり大きな騒音がしたり、業者の車が常に停まっていたら、ちょっと気分を害す方もいらっしゃるかと思います。

ご近所トラブルの一番の原因は騒音ともいいます。
長く気持ちよく住むためにリフォームするのに、ご近所とのお付き合いがうまく行かなかったら住み心地が悪くなってしまいますね。

それを防ぐ為に、リフォームをすると決めたらご近所さんにお知らせしましょう。
1日数時間で終わるようなリフォームの場合は、ご近所さん付き合いにもよりますが特にお知らせをする必要はありませんが、数日間にわたる工事の場合は必ず周知をしておきましょうね!

これは、どんなに仲の良いご近所さんでも必ず行いましょう。

大掛かりなリフォームの場合は、所属する皆さんの雰囲気にもよりますが、町内会やマンションの管理組合で報告をしても良いかと思います。

とりあえず、工期が決まったら近隣の方々に周知をするのは、後々のトラブルを防ぐことにもなります。(中には詮索好きのうわさが大好きな地域もありますので。詮索されないようにこちらから情報を提示しておくのはとても大事な事なのです。)

こちらでは、挨拶をする時間帯や、挨拶をする範囲、何を伝えればよいのかを中心にご案内いたします。
リフォーム会社でもこういった周辺への配慮に関しては、何かしらのアドバイスをしてくれますので、こちらの記事も参考になさってくださいね!

リフォーム工事が決まったら

普段からお付き合いのある仲の良い近隣の方だったら、そのご家庭にいつ誰がいるのかを把握している事もあります。でも、ご近所さんと言えど普段はあまり知らない方には、常識的な時間にご挨拶に行きましょう。 ご飯時などの非常識な時間にご挨拶に行ってしまうと、「感じが悪い」と捉える方も居ます。