リフォーム工事と近隣の方へのご挨拶はワンセットです

リフォーム工事は周辺に配慮を!あとで面倒毎にならないために

>

ご迷惑を掛けそうな近隣へ

マンションの場合

マンションの場合は、基本的に
上3軒、3軒、両隣の8件にご挨拶に行きます。騒音が響きそうなお宅にご挨拶に行きましょう。

また、搬入などでマンションの共有部分で他の住人にも迷惑をかけてしまう事があります。
あらかじめ、マンションの管理組合に日程を伝え掲示板などに告知をしてもらうと安心です。
マンションを管理する不動産によっては、不動産会社を通さないとリフォームが出来ない物件もあります。リフォームを考えている場合は必ず、管理組合や不動産会社に相談をしてください。相談をしないでリフォームした場合、事後のトラブルの元になることもあります。

マンションの場合は
・事前相談として、管理組合もしくは不動産会社に相談
・共有部分の掲示板に工事日程を掲示してもらう
・自宅の回りの8軒にご挨拶
で、後々のトラブルをかなり軽減できるかと思います。

一戸建ての場合

昔から「向こう三軒両隣」という言葉があります。自分の家の前の三軒と自分の家の両隣、あわせて5軒の事を指します。
この5軒には必ずご挨拶をしておきましょう。また、目の前の車道部分に作業用の車が止まってご迷惑をかける事があるかもしれない事を伝えておきましょうね!

忘れがちなのが町内会長へのご挨拶です。その年度の町内会長に、リフォーム期間などの報告をしておきましょう。面倒かもしれませんが、他の住人からのクレームが合った場合のトラブル回避です。仲の良い町内会の人と出会った場合は、「今度リフォームするのでご迷惑をおかけするかもしれません」と世間話程度に言っておきましょう。

一戸建ての場合は
・自宅の回りの5軒に手土産を持ってご挨拶
・町内会長にリフォームをする事を報告
・周りの人への世間話程度の報告
で、後々のトラブルをかなり軽減出来るかと思います。


この記事をシェアする